Markdownで行こう!その3【リスト編】

どうも!Kz.(カズ)です。

Markdown記法の勉強メモです。

リスト(箇条書き)

-_テキスト ※「_」は半角スペース
『-(ハイフン)』または『+(プラス)』,『*(アスタリスク)』 + 半角スペースで箇条書きリストになる。
※半角スペース4つでインデントを下げられる。
※記号は統一しなくてもリストになる。

記述

- リスト_1
+ リスト_2
    * リスト_2-1
        * リスト_2-1-1
        * リスト_2-1-2
    * リスト_2-2
- リスト_3

表示

  • リスト_1
  • リスト_2
    • リスト_2-1
      • リスト_2-1-1
      • リスト_2-1-2
    • リスト_2-2
  • リスト_3

リスト(番号付き)

1._テキスト※「_」は半角スペース
数値 + 『.(ドット)』 + 半角スペースで番号付きリストになる。
※番号は先頭の数値を基準に自動採番されるため、すべて1.と記述するのが良さそう。
※半角スペース4つでインデントを下げられる。

記述

1. リスト_1
1. リスト_2
    1. リスト_2-1
        1. リスト_2-1-1
        1. リスト_2-1-2
    1. リスト_2-2
1. リスト_3

---

0. 「0」から始めると
9. 次は「1」と自動採番される。
    11. インデントを下げると
    88. 新たに採番される。

表示

  1. リスト_1
  2. リスト_2
    1. リスト_2-1
      1. リスト_2-1-1
      2. リスト_2-1-2
    2. リスト_2-2
  3. リスト_3

  1. 「0」から始めると
  2. 次は「1」と自動採番される。
    1. インデントを下げると
    2. 新たに採番される。

リスト(箇条書き + 番号付き)

箇条書きリストと番号付きリストを入れ子にすることもできる。

記述

  1. リスト_1
    • リスト_1-1
    • リスト_1-2
  2. リスト_2

表示

  1. リスト_1
    • リスト_1-1
    • リスト_1-2
  2. リスト_2

コメント

タイトルとURLをコピーしました